トップページ > オリジナルプリントの流れ

オリジナルプリント作成の流れについて

簡単!激安!オリジナルウェアは気軽に作ることが出来ます。

  • オリジナルウェアの作成でまず必要なことは「どんな内容を印刷するか」。
    イラストやロゴ、文字列など、さまざまなアイデアを、無地ウェアというメディアの上に表現しましょう。
  • 原稿につきましてはパソコンで作成したファイルをメール添付してお送りいただいても結構ですし、FAXでお送りいただいても結構です。
    しかしながら、以後のデザインのやり取り(色を付けた仕上がりイメージ画像の送付など)をスムーズに行うには、パソコンかスマートフォンでのメールのやり取りが必要となります。

おおまかな流れ

  • 1:どのような内容を印刷したいか(=デザイン)を決めよう!
  • 2:何に(Tシャツ?ポロシャツ?など=無地アイテム)にプリントするか、品番やカラー、サイズなどを決める。
    カタログページをご参照ください)
  • 3:無地アイテムと、カラーやサイズの混在内訳が決まったら、デザイン内容とともにアドプレストへ連絡!
  • 4:アドプレストより仕上がりイメージ画像やお見積りを返信します。
  • 5:数度の打ち合わせで作成内容が確定しましたら、正式ご発注いただきます。(全額ご入金(前受け)となります)
  • 6:打ち合わせどおり、ご指定の期日に完成品を納入いたします。(遠方のお客様に対しては宅配便を利用)

デザイン原稿作成時の注意点など

デザインの細かさについて

  • 実線の細さについては、0.7ミリ以下の細い線はカスレる可能性が大です。
    ヌキ線の細さについても。0.7ミリ以下の細い線は、ツブレる可能性が大です。
    なるべく太い線で構成されているデザイン作成を心がけてください。

パソコンで原稿を作成する場合は以下の要領で作成し、メール添付でお送りください。

  • ワードやエクセルのファイルは、文字化けする可能性が大きいので不可です。(ワードやエクセルをご使用の場合は、ご相談ください)
  • 入稿可能ファイル形式はgif、png、ai、eps、psdなどになります。
  • イラストレーターなどのデザインソフトを使う場合、使用するバージョンをお知らせください。
  • 1色刷りの場合、色を付ける部分は濃い黒で塗りつぶしてください。
  • 多色刷りの場合は可能でしたら色ごとにレイヤー分けしてください。
  • 使用した書体名(フォント名)もお知らせください。

手描き原稿の場合

  • 弊社で拡大縮小処理をしますので、A4サイズの紙に出来るだけ大きく書いてください。
  • 1色刷りの場合は色を付ける部分を濃い黒で表現してください。
  • 多色刷りの場合は逆に、輪郭線のみにして色は塗らないでください。
  • 可能であれば、パソコンでスキャンしてgifなどのファイルにして、メールでお送りください。
  • メール添付での入稿がムリな場合は、ひとまずFAXでお送りください。

弊社で完全版下データを作成します。

  • どのような形で原稿をお送りいただきましても、最終的に製版するためのデータを弊社で作成します。
  • お送りいただくものが不完全な内容であっても、弊社のデザイナーがサポートしながらお客様とのやり取りを通じてご希望のデザインに仕上げますのでご安心ください。

手描き原稿のデータ化の例

原稿作成1
原稿作成2
原稿作成3
原稿作成4
原稿作成5
原稿作成6